築50時世を過ぎ去る住居は、窓のつくりが適当なこともあって、ヤモリが住居に入ってきてしまう。
ヤモリ、田舎の家ではそれほどみますよね(東京でも見るかもしれませんね)。
窓の裏側にぺったりとくっついて虫を摂る容姿、おばあちゃんのおうちでみた仕方の起こる方も多いかもしれません。
ヤモリは漢字で【家守】と書き、害虫などを食べていただける益獣、住居を守って受け取る益獣であるとも、昔から言われています。

それに反対意見はないのですが、住居に入ってしまうと、なんとなく窮するのがこういうヤモリ。
汚らしいお話でスミマセンが、糞がわりと自己主張するのがこういうヤモリなのです。
乾いているのできちんと取るのに参るわけではないのですが、虫を食べることもあって、内部に入ってしまうと、台所や洗濯場所などの水間近でよく見かけるという魅力があります。
ライターのトライでは、お湯をわかすためのポットの中から出てきたという仰天なことも!
ですので、住居では見つけ手順保存して出先に逃がしています。
ゴ○○リも食べて受け取る益獣なので、殺すのには忍びないんですよね。。

ちなみに保存施術ですが、そ〜〜〜っと近づき、サッとハエたたきで叩いてちょっと弱らせてから、素手で掴んで出先に逃がします。
素手で読むのが無性にダメなお客は,使わない箱(ダンボールなど)に押し込めるのが良しかもしれません。
ちなみに、素手で触ったメッセージは「少々胃腸と腕の所がペトペトしてるかな」といったところです。
もちろん石鹸で洗えば、そのあとは更に問題ないですよ!

ふだん、窓ガラスあかしで見ると身体のバックしか見えないのでいまひとつ気づかないのですが、
本当に捕まえてよく見ると、目線がくりくりしていて甚だかわいなと思ってしまう。
ヤモリを飼っておる気違いの方々が「ヤモリはかわいい!」と口々に言うのも、なんとなく頷ける気がします

ヤモリを基礎蜥蜴連中(ヤモリは爬虫類だ)は、基本的に生き餌しか食べないので、養うのに思い切り障壁は高いのですが……。

家の窓にヤモリが遊びに加わるという皆さんも、もしも興味があったら外側から見てみてくださいね。意外なかわいさが見つかるかもしれません。キレイモ 料金